プログラミングを学ぶには?

プログラミングを学びたいのであれば、いくつか方法があります。ひとつはプログラミングスクールに通う方法が良いでしょう。インストラクターは元エンジニアであることが多く、会社で使うことができるより実技的な内容を勉強することができるので、フリーランスを目指す学生や社会人に向いています。他には大学・専門学校に通う方法も良いですが、膨大な学費がかかってしまう点には注意が必要です。さらに大学では、一年生の段階では一般教養を学ぶためにプログラミングの授業を行わないことがあるのです。そのためすぐに勉強したいのであれば、専門学校が良いでしょう。勉強会・講座に参加する方法がありますが、経験者が存在していなければ、糧にならないことがあります。ただし無料で参加することができるので、何もしないよりは良いですし、情報共有をすることも可能です。アルバイトしながら身につける場合は、インターネット上に募集されているプログラミングの仕事をこなしながら身につけたりするなど幅広い方法で勉強が可能です。ただし、業務で利用するレベルのものであれば、単純でない場合が多く、初歩的なことを事前に学んだ経験者や、上級者向けであると言えます。

 

オフライン《通学》オンラインで学ぶメリット・デメリット

どちらがいいかはそれぞれですが、両方のメリット・デメリットをよく理解して選ぶようにしましょう。

 

オフライン《通学》の場合

メリット:
実際にスクールに通っていって学ぶようになりますので、モチベーションを高く持つ事が出来ます。わざわざ時間をかけて通うという事は、それだけ学ぼうという意識が強くなっていくのが対面のメリットでもあるといえるでしょう。
デメリット:
通っていかなくてはならないので時間が必要になります。社会人として働いている人の場合、時間に融通が利きにくい人も多いですので、通うとなると短期間であっても難しくなるのがデメリットといえるでしょう。

 

オンラインの場合

メリット:
オンラインで学ぶ場合には、自分の好きな場所で学べるというのがメリットといえるでしょう。自宅で学ぶのが一般的ですが、自分が落ち着くカフェなどを利用しても学ぶ事が出来るので、リラックスしながら学ぶ事が出来るのがオンラインのメリットです。
デメリット:
対面式でしか学んだ事がなくオンラインに慣れていなければ、レッスンに戸惑ってしまうことがあります。対面式とは雰囲気も違ってくる為、慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。長くても数か月程度のレッスンですので、それまでになれなければ大変ですのでデメリットになるでしょう。

 

対面式でもオンラインでも、自分に合った方法であれば実力はついていきますが、合わなければ途中で挫折することになるので気をつけましょう。