失敗しないプログラミングスクールの選び方とは

今後のことを考えてプログラミングスクールに通おうという事を考えている方も多いのではないでしょうか。スクールの数も増えていて、近くにもスクールが出来たため興味を持っているという方もいるでしょう。しかし、自分にあっているスクールかどうかという事はしっかり考えていかなくてはなりません。何のために受けるの?という事を自分に問いかけておくことでチェックすべきポイントがわかりやすくなります。

 

特に将来の仕事に活かしたいという方は、仕事に活かせる内容かどうかという事をチェックしてみましょう。スクールの中には楽しみながらプログラミングに触れるという事を中心にしているところもあり、そういったところでは就職につながりにくくなります。就職に結び付けたいのであれば就職支援の有無などもチェックしておきたいところです。
今の仕事で使っている言語やこれから必要とするものがはっきりしていてそれを学びたいという場合には、学べる言語についても確かめておく必要があります。これがずれてしまうと学んでも意味がなくなってしまうので注意しましょう。

 

その他には受講費用や受講期間など一般的なことについても確認しておきたいところです。費用が掛かり過ぎると結果的に中途半端で終わってしまう事もありますし、就職ならば就職活動までに間に合うように身に着けていきたいものですから重要なポイントです。できれば体験受講などをして講師との相性も確認しておきましょう。

 

プログラミング言語ってどんなことに使える?

プログラミングを勉強しようってなった時にどの言語を選べばいいんだろうと悩むかと思いますどのプログラム言語にするか選ぶ際に重要なのか何を作りたいのかということが重要です。

 

がプログラミング言語は作りたいものによって変わってくるので、はこれを作るならこの言語ということを紹介していきます。

スマホアプリ開発に向いているプログラミング言語

アンドロイドならJava《ジャバ》iPhone ならSwift《スイフト》になります。このようにOS によって使う言語が異なってくるということです。

Web アプリ開発に向いているプログラミング言語

PHP《ピーエイチピー》/Ruby《ルビー》/Python《パイソン》/Java JavaScript《ジャバスプリクト》になります。

ゲーム開発に向いているプログラミング言語

C++/C#/JavaScript《ジャバスクリプト》になりますまた。ゲーム開発ではUnity《ユニティ》というツールが有名です。

電子機器における動作制御ソフトウェア

C++になります。電子機器の動作制御ソフトウェアはたとえば洗濯機や炊飯器などの家電などに使われています。この電子機器の動作制御ソフトウェアと汎用性が高いのと注目されている言語がPythonと Javaになり、特に近年Pythonは機械学習や IoTなどの技術によって一番注目されている言語になります。

 

プログラミング言語は何か一つ習得してしまえば、他の言語を覚えようとした時に比較的容易に習得できるようになるので、まずは何か一つの言語に絞って勉強するのがおすすめします。